日本キャッシュフローコーチ協会MVPコンテスト2019実行委員長・城臺 綾(じょうだい あや)さん

第68回11/12(火)は、日本キャッシュフローコーチ協会MVPコンテスト2019実行委員長・城臺 綾(じょうだい あや)さんです。

城臺さんは、2万3000人の意識変革から組織全体の改革まで、あなたの人生とビジネスをもっとステキにプロデュースする専門家。エグゼクティブプロデューサーチ・PRコンサルタント・大学講師といった肩書の持ち主です。

赤字による閉店計画があった店舗へマネージャーとして勤務した際、信頼関係を重視する営業手法とチームビルディングにより9か月でV字回復を達成。その後、本社でスーパーバイザーをしながら人材育成と役員秘書を経験されます。

どん底と再構築その両方を経験したことと、社長と社員の意見の食い違いに悩みながら、橋渡しをする参謀としてトップや組織を支える面白さに目覚め、現在は「個人の意識改革から組織全体の進化・成長をもたらす」プロデューサーとして様々な活動をされているとのことです。

これまで成績が振るわず退職を検討していた営業社員を6か月間でトップセールスに変えるなど、様々な変容進化に立ち合われ、「主役は自身ではなく企業・社員であること」を忘れず、パートナー型コンサルタントとして柔軟に対応することを心掛けておられます。

城臺さんは、私のキャッシュフローコーチ®仲間でもあり、このたび、その協会の一大イベントである11.25後楽園ホール、MVPコンテスト2019の実行委員長も担われています。

城臺さん自身のこれまでの活動実績、そして今後のこと、そしてなんといってもMVPコンテスト2019について熱く語ってもらい